So-net無料ブログ作成
児童書 ブログトップ

情熱大陸 ミロコマチコ [児童書]

子どもの日にたまたま見ていた情熱大陸に
ミロコマチコさんという絵本作家が出ていました。

静かな声で話す、恥ずかしがり屋さんのような女性ですが
ところがどっこい
すごい感性の、あふれ出すような感情をダイナミックなイラストで表現しながら
心がほとばしっているような言葉もすごい絵本を描いらっしゃる。


絵本大賞を受賞している、「オオカミがとぶひ」

オオカミがとぶひ (こどもプレス)

オオカミがとぶひ (こどもプレス)

  • 作者: ミロコマチコ
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2012/08/12
  • メディア: 単行本



番組の中で、ミロコさんの猫のことを描いた「てつぞうはね」という絵本の制作過程を見ました。

死んでしまったてつぞうのことを思い出すたび
ハンカチで目を押さえつつ、泣きながら描いていたミロコさん。
わたしまで泣けてきました。

誰にでもなつく猫じゃなかった
でもミロコさんにだけは甘えてスリスリ寄ってきたてつぞう。

すごくわかるんだなあ、そういうかんじ。

人間でもそう。
誰とでも仲良くできて、みんなから好かれるような人を
わたしは、そんなに好きにはならないから。

その新しい絵本「てつぞうはね」の発売を楽しみにしています。
手にして読みながら、きっとまた涙がでてきてしまうだろうけど。



nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「音楽物語 ババールのしんこんりょこう」 忌野清志郎 [児童書]


音楽物語「ババールのしんこんりょこう」

音楽物語「ババールのしんこんりょこう」

  • アーティスト: ラファエル・モステル,ガーゲリアン(ポール),コレッティ(ポール),ウィッティ(フランセス=マリー),高橋アキ,フィン(マイケル),ローウェンスターン(マイケル),ハロッズ(ニザン),トーマス(ジョン・チャールス)
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1998/12/09
  • メディア: CD


えっ?
こんなCDがあったの!と驚いた1枚。
これは、いいね。
ぞうのババール、長男と一緒によく読んだものです。
清志郎の声が、あんまり温かいものだから
目をつぶってヘッドフォンで聴くと
目の前にいるみたい。

あっという間に、今の全てが過去になっていく。
今年は信じられないことが多かった。
人は、この世を離れるときになにを感じて、なにを思うんだろう。
清志郎、マイケル、あの人も
チャンスがあるのなら、また
どこかでお会いできましょう。



nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

かいじゅうたちのいるところ と めっきらもっきらどおんどん [児童書]

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ

  • 作者: モーリス・センダック, 神宮 輝夫, Maurice Sendak
  • 出版社/メーカー: 冨山房
  • 発売日: 1975/01
  • メディア: -


めっきらもっきらどおんどん

めっきらもっきらどおんどん

  • 作者: 長谷川 摂子, ふりや なな
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1990/04
  • メディア: 単行本


次男のリクエストで何度も何度も
「めっきらもっきら…」を読み続けていたある日、
「Where the wild things are」(かいじゅうたちのいるところ)
からインスパイヤされたおはなし?という思いがうかびました。
うちの娘の名前は、当時2歳半だった長男が
かじるほど好きだった「Where the wild …」からつけました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
児童書 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。